31st 2017f 8月 2017

Posted in: 未分類

ノキアのベル研究所では、今後、5年間でインターネットを流れるネットワーク量は2倍以上になると予測しているということです。今後、5年間で起きる革新は現在の2倍以上のデータ通信を必要とするというわけです。それは人々の生活をかなり変えてくれることだと思いますが、インターネットのデータ転送キャパシティは限界に近づいていくでしょうそんな新世代のネット環境を支えるためにノキアが作り上げた世界最速レベルのルーティングプラットフォームが7750のService RouterのSr-Sシリーズです。これは実に144テラビット/秒を実現するという。これは業界ではじめてテレビットの転送速度を実現するというもので、その処理能力は従来の10倍にもなるのです。そして、さらに高速なものも用意され、7950 Extensive Routing System、XRS-XCは実にペタビットレベルの能力を発揮します。このコアとなるのがFP4という新世代チップなのです。これによって、前述のような近い将来、増加するトラフィックに備えることができるというわけです。

Tags:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする