19th 2017f 9月 2017

Posted in: 未分類

auの音楽サービス「うたパス」にて、スマートフォンやタブレットで楽しめる360°VRコンテンツ「VROOM」の提供がスタート。第1弾アーティストとしてgo!go!vanillasが登場しています。「VROOM」はさまざまなアーティストとクリエーターがコラボレーションし、360°VRライブミュージックビデオを撮り下ろすプロジェクトです。ユーザーは360°全方位へ自由に視点を動かすことが可能で、その場に自分自身がいるかのような臨場感あふれる視聴体験をすることができます。第1弾ではgo!go!vanillasと東俊宏(ROBOT)がコラボ。7月26日にリリースされるメジャー3rdアルバム「FOOLs」より、「サウンドエスケープ」の撮り下ろし映像を配信していいます。バンドはこの企画に対して「未体験の連続に本当にワクワクドキドキすると思います」とコメントしていました。なお、今後もアーティストのライブステージやアーティスト同士のコラボセッションなど、さまざまな映像コンテンツの配信が予定されています。

Tags:

05th 2017f 9月 2017

Posted in: 未分類

日本トランスオーシャン航空(JTA、那覇市・丸川潔社長)は11月上旬、機体にジンベエザメをデザインした「ジンベエジェット」1機で、バーチャルリアリティー(VR)の無料体験サービスを始めます。配布する紙製のVRグラスにスマートフォンをセットするだけで視聴できるのが特徴です。機内VRの中でも、アプリのダウンロードが不要なサービスは世界初で、カナダのディプロイド社が特許を取得しているということです。サービスが始まるのは、ボーイング737-800型機で、スマートフォンで機内のWi-Fiサービスに接続するだけで、VRを楽しめます。対象便は、那覇-福岡・名古屋・関空・岡山・小松と、石垣-羽田・関空、宮古-羽田、羽田-久米島の沖縄県外9路線。映像は幻想的な音楽付きで2分間となります。目の前をジンベエザメやクラゲが泳ぎ回り、海中のトンネルを抜けて満天の星空へいざなうのです。最後には「毎日のNOWをWOWに!」との字幕が出ます。来年には、ピンク色の機体の「さくらジンベエ」でもサービスを始める予定とのことです。

Tags: