19th 2017f 9月 2017

Posted in: 未分類

auの音楽サービス「うたパス」にて、スマートフォンやタブレットで楽しめる360°VRコンテンツ「VROOM」の提供がスタート。第1弾アーティストとしてgo!go!vanillasが登場しています。「VROOM」はさまざまなアーティストとクリエーターがコラボレーションし、360°VRライブミュージックビデオを撮り下ろすプロジェクトです。ユーザーは360°全方位へ自由に視点を動かすことが可能で、その場に自分自身がいるかのような臨場感あふれる視聴体験をすることができます。第1弾ではgo!go!vanillasと東俊宏(ROBOT)がコラボ。7月26日にリリースされるメジャー3rdアルバム「FOOLs」より、「サウンドエスケープ」の撮り下ろし映像を配信していいます。バンドはこの企画に対して「未体験の連続に本当にワクワクドキドキすると思います」とコメントしていました。なお、今後もアーティストのライブステージやアーティスト同士のコラボセッションなど、さまざまな映像コンテンツの配信が予定されています。

Tags:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする