18th 2017f 11月 2017

Posted in: 未分類

東洋ビジネスエンジニアリングは2017年7月24日、視線追跡機能付きヘッドマウントディスプレイ(HMD)と360度カメラを利用した、VR(仮想現実)学習システム「mcframe MOTION VR-learning」の提供を開始しました。価格は1インストール100万円(税別)から。PCやHMD、360度カメラは含まれません。同システムは、ユーザー自身が簡単にVR教材を作成できるというものです。教材は、学習すべき作業場所を360度カメラで撮影するだけで、撮影した画像からシステムが仮想空間を自動で生成します。仮想空間の中でHMDを装着した熟練技術者が実作業と同じように動作しながら、確認ポイントを設定するということです。各ポイントでの確認方法や手順、注意点などに関する指導コメントを必要に応じて追加すれば、教材の作成が完了します。視線の動きを的確に再現してくれるのが特徴で今までにない画期的なものとなっているのです。
ウェアラブル

Tags:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする