13th 2017f 12月 2017

Posted in: 未分類

スマートフォン向けゲーム大手が、VR(仮想現実)市場活性化に向けた取り組みを加速しています。「サミット」と称するイベントを開催して関係者の情報交換を進めたり、出資を通じてベンチャー企業の成長を支援します。コンテンツ作成だけでなく、業界全体を盛り上げる取り組みを実施しているのです。有望な他社との連携を強化し、VR市場が一気に広がったときに主導権を握る狙いがあります。「ジャパンVRサミット(JVRS)」は、グリーと一般社団法人のVRコンソーシアムが運営しています。これまで東京で2回、名古屋で1回開催し、合わせて1200人以上の関係者が来場しています。「プレイステーションVR」のSIE(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)、「HTC VIVE」のHTC(台湾)、「ホロレンズ」の米マイクロソフトと、VRやMR(複合現実)の端末を提供する企業の担当者が登壇するほか、新コンテンツのデモも行いました。
参照URL

Tags:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする