27th 2017f 12月 2017

Posted in: 未分類

ヴァーチャルリアリティ(VR)や拡張現実(AR)はまだ普及の初期段階ではあるのですが、今後数年で巨大な成長が見込まれます。調査企業IDCはVR及びARのヘッドセットの出荷台数が今年、1370万台に達すると見込みで、2021年にその数値は8120万台に及ぶと予測しています。年平均成長率は56.1%に達することになるのです。2016年にプレイステーションVRやオキュラスリフト、HTC Viveといった有力デバイスが発売されて以来、VRが一般消費者の関心を集めるようになりました。また、スマートフォンと連携して動作するモバイルVRヘッドセットの分野も、サムスンのGear VRやGoogle Daydreamの対応機種がここ数ヶ月で市場に投入され、巨大な成長が見込めるのです。一方でAR向けヘッドセットは、まだ発展の初期段階にあります。その筆頭といえるのがマイクロソフトのホロレンズであり、謎の存在と囁かれるマジックリープにも関心が集まっているのです。
http://www.galaxymobile.jp/gear-vr/

Tags:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする