14th 2018f 1月 2018

Posted in: 未分類

過去の写真から「東京の街をVRで再現するプロジェクト」を推進する一般社団法人「1964 TOKYO VR」(渋谷区東2)が立ち上がり、10月25日、渋谷ヒカリエで会見を開いた。同時に1964(昭和39)年の渋谷かいわいの街並みをVRで再現する「1964 SHIBUYA VR」プロジェクトも始動しました。発起人は、スマートフォンで視聴する「VRドラマ」制作で知り合ったという日本テレビの土屋敏男さんとライゾマティクス社長の齋藤精一さんの2人です。土屋さんは2年ほど前から「今昔鎌倉写真」プロジェクトを手掛け、「昔のまち」の写真と、同じ場所で撮影した「今のまち」の写真を見比べて、多世代間で地元愛を醸成していく活動を続けているのです。「今昔鎌倉写真」が注目を集め、鎌倉以外のエリアでも徐々に広がりを見せる中、齋藤さんは過去のまちの写真を集めて最新の3D技術「フォトグラメトリー」という手法を使い「記憶の中の街並み」を再現するアイデアを土屋さんに提案しています。

Tags:

11th 2018f 1月 2018

Posted in: 未分類

徐々に出てきたスタンドアロンVR。さっそく真打登場の登場です。これまでのVRヘッドセットといえば、高価で大型かつPCに接続するタイプか、スマホを挿入するあまり高性能でないタイプの2つだけでした。しかしFacebook(フェイスブック)がOculusブランドから発表した「Oculus Go」は、どちらでもない第3の選択肢となるはずです。Oculus Goはいわゆるスタンドアロン型のVRヘッドセット。ヘッドセット内に液晶やプロセッサを搭載するので、スマホやPCは要りません。流石にヘッドトラッキング機能はないので、空間内を自由に歩けることはできません。2018年の早い時期の発売を予定しており、価格は199ドル(約2万2000円)。400ドル(約4万5000円)に値下げされた「Oculus Rift」と、「Gear VR」や「Daydream View」のような100ドル(約1万1000円)程度のスマホ用VRヘッドセットの中間に位置することになるでしょう。
OculusからスタンドアロンVRヘッドセット

Tags:

09th 2018f 1月 2018

Posted in: 未分類

観光庁は訪日客が日本での体験を楽しむ「コト消費」を広めるため、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)を活用した観光推進に乗りだしました。来春にも滞在期間が長い欧米客の観光ニーズを調べ、日本文化などをより身近に感じてもらえるように環境を整えていくとのことです。地方への誘致を促し、東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年には訪日客消費を8兆円に増やす狙いです。訪日客は東京や大阪といった大都市や京都などの有名な観光地は訪れても、地方にはなかなか足を延ばしません。現在は東京、富士山、関西を巡る「ゴールデンルート」に観光が偏っているのです。観光庁はVRを用いてしか得られない体験型の観光を広げ、地方の隠れた名跡への訪問を促したり、名産品を買ってもらったりするのを目指します。VRのコンテンツの候補として挙がっているのは、伝統的な日本文化の体験や、ゲーム、スポーツなどです。文化関連では、訪日客が全国各地の寺院や城に足を運んだ際に、VRを組み込んだ双眼鏡のような装置やスマートフォンを活用してもらうということです。

Tags:

27th 2017f 12月 2017

Posted in: 未分類

ヴァーチャルリアリティ(VR)や拡張現実(AR)はまだ普及の初期段階ではあるのですが、今後数年で巨大な成長が見込まれます。調査企業IDCはVR及びARのヘッドセットの出荷台数が今年、1370万台に達すると見込みで、2021年にその数値は8120万台に及ぶと予測しています。年平均成長率は56.1%に達することになるのです。2016年にプレイステーションVRやオキュラスリフト、HTC Viveといった有力デバイスが発売されて以来、VRが一般消費者の関心を集めるようになりました。また、スマートフォンと連携して動作するモバイルVRヘッドセットの分野も、サムスンのGear VRやGoogle Daydreamの対応機種がここ数ヶ月で市場に投入され、巨大な成長が見込めるのです。一方でAR向けヘッドセットは、まだ発展の初期段階にあります。その筆頭といえるのがマイクロソフトのホロレンズであり、謎の存在と囁かれるマジックリープにも関心が集まっているのです。
http://www.galaxymobile.jp/gear-vr/

Tags:

13th 2017f 12月 2017

Posted in: 未分類

スマートフォン向けゲーム大手が、VR(仮想現実)市場活性化に向けた取り組みを加速しています。「サミット」と称するイベントを開催して関係者の情報交換を進めたり、出資を通じてベンチャー企業の成長を支援します。コンテンツ作成だけでなく、業界全体を盛り上げる取り組みを実施しているのです。有望な他社との連携を強化し、VR市場が一気に広がったときに主導権を握る狙いがあります。「ジャパンVRサミット(JVRS)」は、グリーと一般社団法人のVRコンソーシアムが運営しています。これまで東京で2回、名古屋で1回開催し、合わせて1200人以上の関係者が来場しています。「プレイステーションVR」のSIE(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)、「HTC VIVE」のHTC(台湾)、「ホロレンズ」の米マイクロソフトと、VRやMR(複合現実)の端末を提供する企業の担当者が登壇するほか、新コンテンツのデモも行いました。
参照URL

Tags:

18th 2017f 11月 2017

Posted in: 未分類

東洋ビジネスエンジニアリングは2017年7月24日、視線追跡機能付きヘッドマウントディスプレイ(HMD)と360度カメラを利用した、VR(仮想現実)学習システム「mcframe MOTION VR-learning」の提供を開始しました。価格は1インストール100万円(税別)から。PCやHMD、360度カメラは含まれません。同システムは、ユーザー自身が簡単にVR教材を作成できるというものです。教材は、学習すべき作業場所を360度カメラで撮影するだけで、撮影した画像からシステムが仮想空間を自動で生成します。仮想空間の中でHMDを装着した熟練技術者が実作業と同じように動作しながら、確認ポイントを設定するということです。各ポイントでの確認方法や手順、注意点などに関する指導コメントを必要に応じて追加すれば、教材の作成が完了します。視線の動きを的確に再現してくれるのが特徴で今までにない画期的なものとなっているのです。
ウェアラブル

Tags:

11th 2017f 11月 2017

Posted in: 未分類

Intelは米国時間8月28日、ドローン、仮想現実(VR)ヘッドセット、スマートカメラ、ウェアラブル、ロボットなど、エッジデバイスの処理機能を向上させる次世代VPU「Movidius Myriad X」を発表しました。MovidiusはIntelが2016年9月に買収した子会社で、さまざまなマシンやPC向けの視覚機能を開発している。今回発表されたシステムオンチップ(SoC)製品のMyriad Xは、専用の「Neural Compute Engine」を搭載し、エッジにおけるディープラーニングの推論をサポートします。オンチップのハードウェアブロックであるNeural Compute Engineは、ディープニューラルネットワーク(DNN)を高速かつ低消費電力で動作させることに特化した設計となっています。Intelによると、このDNNアクセラレータは、DNNの推論において1秒間に1兆回以上の演算を実行できるということです。
Galaxy Studio | Events

Tags:

04th 2017f 11月 2017

Posted in: 未分類

島根県を舞台にしたミステリーアドベンチャーゲーム「ルートレター」のスマートフォン版が8月25日発売され、配信が始まりました。これに合わせて、山陰中央テレビ(TSK、松江市)はゲームに登場する県内スポットを映像で疑似体験できるサイト「ルートレターVR聖地巡礼」を開設しました。ルートレターは、15年前に返信が途絶えたペンフレンドを捜して謎を解いていくゲームです。角川ゲームス(東京都品川区)が昨年6月に家庭用ゲーム機版を発売しました。これまでに世界で30万本を売り上げ、アドベンチャーゲームとしては異例のヒットを記録しているのです。TSK本社でこの日、記者会見が開かれ、安田善巳・角川ゲームス社長や、キャラクターの声を担当した声優の日高のり子さんがゲームの魅力をアピールしていました。「ゲームの映像で島根に興味を持ち、現地を訪れるきっかけになれば」と日高さん。松江市出身の安田社長は「このゲームは海外でも受けがよく、これをベースにした実写版映像コンテンツの制作について中国の企業と合意に至った。ゲームを通じて島根の魅力を海外にも発信したい」と話していました。
Smartwatch

Tags:

19th 2017f 9月 2017

Posted in: 未分類

auの音楽サービス「うたパス」にて、スマートフォンやタブレットで楽しめる360°VRコンテンツ「VROOM」の提供がスタート。第1弾アーティストとしてgo!go!vanillasが登場しています。「VROOM」はさまざまなアーティストとクリエーターがコラボレーションし、360°VRライブミュージックビデオを撮り下ろすプロジェクトです。ユーザーは360°全方位へ自由に視点を動かすことが可能で、その場に自分自身がいるかのような臨場感あふれる視聴体験をすることができます。第1弾ではgo!go!vanillasと東俊宏(ROBOT)がコラボ。7月26日にリリースされるメジャー3rdアルバム「FOOLs」より、「サウンドエスケープ」の撮り下ろし映像を配信していいます。バンドはこの企画に対して「未体験の連続に本当にワクワクドキドキすると思います」とコメントしていました。なお、今後もアーティストのライブステージやアーティスト同士のコラボセッションなど、さまざまな映像コンテンツの配信が予定されています。

Tags:

05th 2017f 9月 2017

Posted in: 未分類

日本トランスオーシャン航空(JTA、那覇市・丸川潔社長)は11月上旬、機体にジンベエザメをデザインした「ジンベエジェット」1機で、バーチャルリアリティー(VR)の無料体験サービスを始めます。配布する紙製のVRグラスにスマートフォンをセットするだけで視聴できるのが特徴です。機内VRの中でも、アプリのダウンロードが不要なサービスは世界初で、カナダのディプロイド社が特許を取得しているということです。サービスが始まるのは、ボーイング737-800型機で、スマートフォンで機内のWi-Fiサービスに接続するだけで、VRを楽しめます。対象便は、那覇-福岡・名古屋・関空・岡山・小松と、石垣-羽田・関空、宮古-羽田、羽田-久米島の沖縄県外9路線。映像は幻想的な音楽付きで2分間となります。目の前をジンベエザメやクラゲが泳ぎ回り、海中のトンネルを抜けて満天の星空へいざなうのです。最後には「毎日のNOWをWOWに!」との字幕が出ます。来年には、ピンク色の機体の「さくらジンベエ」でもサービスを始める予定とのことです。

Tags: